お問い合わせ

コラム

コラム 一覧へ

育てやすい野菜で家庭菜園をはじめよう!

2022年6月2日

初心者でも楽しめる家庭菜園

家庭菜園の魅力は取れたての野菜を食べられることですよね。
そんな魅力は理解しつつも、ちゃんと育てられるか不安な方もいらっしゃるのではないでしょうか。
実は家庭菜園の難易度は育てる野菜によって違いますし、
初心者用の簡単に育つ野菜もありますから、心配や不安は不要です。
今回は家庭菜園を始める方にぴったりのお勧め野菜を解説いたします。

 

 

いろいろな料理に使いやすい「かいわれ大根」

かいわれ大根はやや辛みがあり、炒め物やサラダなど多くの料理に使用しやすいですよ。
ある程度保温が可能な環境を準備できれば、1年を通して栽培が可能ですし、栽培開始してから10日程度で収穫可能。
しかも比較的多くの量を収穫でき、種と苗箱があればスタートできるという手軽さも魅力です。
最初の種は大量に必要ですから、多めに入手するようにしましょうね。

 

歯ごたえが楽しめる「ラディッシュ」

生でも美味しいですし、サラダでもバーニャカウダーでも美味しいのがラディッシュです。
採れたては特に歯ごたえがみずみずしく楽しめます。
ビタミンCやジアスターといった消化を促進する成分も含まれていますよ。
「二十日大根」とも呼ばれるように生長と収穫が早い野菜で、3~5月と9~10月の年2回種をまき、4~6月と10~12月が収穫時期です。
プランターでも十分な量が栽培可能で、長さ20cm程度のプランターであれば10個程度が収穫できますから、初心者にもお勧めの野菜と言えるでしょう。

 

収穫時期が長い「シソ」

風味があり栄養豊かなシソは、買おうとすると意外と高いですから、使用する分だけ収穫できる家庭菜園で栽培してみてはいかがでしょう。
いろいろな種類がありますが、土質も幅広く対応でき暑さにも強い青シソが初心者の方にはお勧めです。
4~5月に植え付け、7~10月に栽培と収穫時期が長いのもありがたいですよね。
害虫対策として防虫ネットも設置すれば、生育初期も安心でしょう。

 

 

家庭菜園が楽しめる家づくりなら

今回は家庭菜園の初心者向け野菜を解説いたしました。
少しずつ育っていく日々のプロセスも楽しいですし、自分で育てた採れたての野菜は味わいが違いますよ。
家庭菜園が楽しめるような家づくりをご検討中の方は、ご要望や理想を実現するためのアドバイスやご提案をさせていただきますので、ぜひ一度、トータテハウジングまでご相談ください。

一覧に戻る