お問い合わせ

コラム

コラム 一覧へ

安全・安心な暮らしを実現する窓用シャッター、どんな種類がある?

2022年6月9日

マイホームのセキュリティを高めるには?

ご自身やご家族が安心して住まうために、マイホームで重要なのがセキュリティですよね。
セキュリティを考える際に、「窓用シャッター」をご検討してみてはいかがでしょうか。
近年ではデザイン面でも優れた製品がありますから、安全とデザインが両立可能です。
そこで今回は、窓用シャッターのメリット・デメリットを解説していきます。

窓用シャッターの種類は?

駆動方式での分類

駆動方式では電動タイプと手動タイプという2つに大別されます。
電動タイプは開閉をタイマーで自動で行ったり、複数のシャッターがあったりする場合は同時開閉することが可能です。
ただし設置コストがやや高額な点がデメリットと言えるでしょう。
手動タイプは、安価な設置コストで設置も楽、かつ採光も調整しやすいのですが、開閉に手間がかかることがデメリットです。

構造での分類

構造ではブラインド式、スリット、クローズに分類されます。
羽根の角度が調節でき、採光や通風が自由にできるのがブラインド式で、求める室内環境に応じて開口の大きさは調整可能です。
小さな通気孔があるタイプがスリットです。
採光や通風は確保しながら、遮熱対策も行うことができますから、厳しい夏の暑さの中でも気持ち良い室内環境を創出することができます。
またスリットで電動式とすれば、開閉方式は全開口としたり部分開口としたりなどは自由に調整可能です。
羽根や通気孔を有さず、窓が完全に覆われるタイプがクローズです。
採光や通風の調整ができないのですが、外部からの目隠しや遮光が主目的であれば選択すると良いでしょう。

窓用シャッターのメリット・デメリットは?

メリット

セキュリティ面が最大のメリットで、万が一外部からの侵入を試みられてもシャッターで防ぐことが可能です。
また夜間の採光をシャットアウトできるため、街灯の明かりなどを気にせずに睡眠することができます。
近年ではデザイン面も優れているため、エクステリアデザインの一環として採用される方も多いですよ。

デメリット

1番大きなデメリットは設置コストがかかることでしょう。
またシャッターの開閉には少なからず音が生じるので、夜間は留意する必要があります。
さらにシャッターは形状に起伏があるため、設置する際はエクステリアの部材と干渉しないかチェックも必要です。

 

 

セキュリティが万全なマイホームを作るなら

今回は窓用シャッターのメリット・デメリットをご紹介しました。
メリットは非常に多いことがわかりますが、一方でマイホーム建設後に施工しようとしても干渉などの関係から困難な場合があります。
セキュリティ面で万全なマイホームとされたい方は、設計時から検討されるのが良いでしょう。
弊社では豊富な実績からセキュリティを始めとした家づくりのご提案が可能ですから、ご相談やお悩みがある方はぜひトータテハウジングまでお越しください。

 

一覧に戻る